語学力とコミュニケーション能力が成功への鍵!

 実際に海外でビジネスを起こすために必要な英語力は、TOEICの高スコアではありません。英語のレベルは低くても、とにかく積極的に話すことが重要です。自発的な発言や積極性、自ら行動を起こすのが海外では重視されるので、控え目にしているとかえって逆効果になってしまいます。

 例えば、エレベーターの中で複数の国籍の人間が乗り合わせることがありますが、そんなときは相手にどこの国から来たのかなど、自分から話しかけてみましょう。エレベーター内の同乗者との会話がきっかけで、ビジネスに発展することも十分にありえるかもしれません。

 私が以前聞いた話では、大手企業重役と故意に同じエレベーターに同乗し、その間に自己アピールをして、採用試験のアポイントを取り付け、本採用になった強者もいました。とにかく何でも自ら喋ることが海外では大切なのです。エレベーターの中や同乗した交通機関の席の隣の人、順番待ちの列などでも自分から積極的に話しかけてみると、語学力もあがるでしょう。自発的に発言をしたり、行動することが成功者へのマイルストーンなのです。

 また、会話をするときには、ユーモアも大事です。ただ喋って終わりではなく、可愛い人形を購入した際、店員に「この人形が連れて行って欲しいと僕に言うんだ」と微笑みながら会話をしたりすることは、海外ではよくある話です。店に入る時は現地の言葉で挨拶をし、出る時には日本語で「サヨウナラ」と挨拶するのも、円滑なコミニケーションの一歩です。

 そして、できるだけオーバーなリアクションも心掛けましょう。手を大きく広げて歓迎のジェスチャーをすると、自分の気持ちをより強く示すことができるでしょう。